MENU

痩せ薬としての効果は高い?

ビアンコロール痩せ薬

すでにダイエットサプリで有名になったビアンコロールですが、痩せ薬としてどのくらいの効果があるのでしょうか。

 

実際にビアンコロールを使用した方々のデータから、痩せ薬としての効果を検証してみましょう。

 

ビアンコロールのモニター結果は?

 

某有名大学の研究で、ビアンコロールの痩せ薬効果が検証されました。

 

2週間のモニター減量平均値として、1日に-1.24kg!

 

体質・体型・年齢関係なく、100%の人がダイエットに成功!

 

さらに、10kg以上痩せた人の年齢別の割合として

 

18?24・・・92%
25?34・・・97%
35?44・・・95%
45?54・・・94%
55?64・・・90%
65以上・・・82%

 

という数字が出て来ました。

 

通常、年齢が上がるほどどんどん痩せにくくなるものですが、各数字にそこまで大きな差はみられませんよね。

 

そしてほとんどの方が10kg以上のダイエットにたった2週間で成功したのです。

 

そのまま1ヶ月ダイエットを続けた方の中には、28kgも痩せてしまった方もいたというのですから驚きです。

 

 

なぜビアンコロールはそんなに効果があるの?

 

では、なぜビアンコロールが痩せ薬として、そこまですごい結果を出すことができるのでしょうか。

 

それは、今世界から注目されている成分「ホワイトキドニービーン」の働きによるものなのです。

 

これの何がすごいのかというと、体内に脂肪を1gたりとも吸収できない絶食状態を作り出すことができるんです。

 

絶食状態ならば、これ以上身体につくものは何もないですよね。

 

さらに、ポリフェノールの一種である「レスベラトロール」を配合。

 

こちらは、世界的な科学雑誌でも取り上げられ、「10年に1度の発見」と称されるほどの成分なんです。

 

このレスベラトロールが、すでに身体に溜まった脂肪を分解。

 

そして、ブラジル発祥フルーツ「アサイー」に含まれるアミノ酸の働きで、分解された脂肪をどんどん燃焼していきます。

 

1時間でフルマラソン並みの脂肪燃焼効果があり、どんなに古い脂肪でも燃やし尽くします。

 

アサイーは、数年前からポリフェノールを豊富に含むスーパーフードとして目にすることが多くなりましたよね。

 

さらに燃焼効果もあり、まさに美容フードですね。

 

あとは、腸内に溜まっていた宿便を綺麗に排出し、腸内環境を整えます。

 

この滞留した宿便を出すだけでも-5kgもの減量になるんだとか。

 

腸内がすっきりし、さらに肌の調子も良くなるので、一石二鳥ですね!

 

ビアンコロールの痩せ薬効果・まとめ3

 

いかがでしたか。

 

モニター100%の人がダイエット成功には驚きましたね。

 

しかもおよそ90%の人が10kg以上減量できているのですから、ビアンコロールの痩せ薬効果は高いと言えるのではないでしょうか。

 

使用を検討されている方は、ぜひモニター参加者の感想なども参考にしてみてくださいね。

 

>>もっと詳しくモニター結果や成分効果を見たい方はこちら