MENU

ビアンコロールに副作用はあるの?

ビアンコロール副作用

巷で話題となっているビアンコロールですが、あんなに体重が落ちるとなると、「成分が身体に強すぎるんじゃないの?」「そんなに強い成分なのに、身体に悪くないの?」と副作用や安全性について心配になりますよね。

 

そこで今回は、ビアンコロールの副作用や安全性について、じっくり調べてみたいと思います。

 

 

ビアンコロールの副作用ってあるの?

 

副作用が出た方の口コミを探しても、1人の方に下痢の症状が出た、というくらいで、他には報告は見つかりませんでした。

 

また、公式サイトにも特に副作用に関しての記載はありませんでした。安全性は大丈夫なのでしょうか?

 

このビアンコロールは、医薬品でも、医薬部外品でもなく、「栄養補助食品」という位置づけになっています。

 

基本的には、決められた用法容量を守って使用していれば問題はありません。

 

けれど、早く痩せたいからといって、決められた量より多く摂取してしまうと、それこそ副作用が出やすくなってしまいます。

 

普段飲んでいる風邪薬なども同じですよね。

 

決められた容量を服用すればちゃんと症状が良くなるけれど、容量を守らずに服用すると効果がなかったり、副作用が出てしまったりしてしまいます。

 

ちなみにビアンコロールの1日の容量はたったの1?2粒です。簡単ですね。

 

あとは、他に服用している薬やサプリメントがあったり、アレルギーがあったりする方は注意が必要です。

 

使用する際は、しっかりと注意事項や使用されている食品などを読んでから使用するようにしましょう。

 

 

 

ビアンコロールの安全性は高いの?

 

さて、副作用についてはわかりましたが、ビアンコロール成分の安全性が高いのかどうかも大事ですよね。

 

痩せ効果の高いビアンコロールですが、どんな成分が使われているのかを確認してみましょう。

 

・赤ワインエキスの「レスベラトロール」、

 

・ブラジル発祥のフルーツ「アサイー」、

 

・白インゲン豆エキス「ホワイトキドニービーン」、

 

・白胡椒、ウコン、タンポポ、バジルなどの生薬から配合された「ジャムゥ・ガリアン」、

 

・野草エキスや植物発酵末など。

 

それぞれの成分が自然のものからできているのは、とても安全性を感じますね。

 

ちなみに、ビアンコロールを使用するにあたって、公式サイトでは下記条件が提示されています。

 

@毎日必ず体重測定を行い、5日以内に7kg以上の体重が減った場合、使用を一旦停止してください。

 

A急激な体重の危険がある為、摂取目安を確認してください。

 

B体重40kg未満の方の飲用はご遠慮ください。

 

これらの条件つきでビアンコロールの販売許可が下りたとのことですから、これらをしっかり守っていれば安全である、と言うこともできますよね。

 

 

ビアンコロールの副作用と安全性・まとめ?

 

いかがでしたでしょうか。

 

誰でも「急激に痩せられる」などと聞くと不安を感じると思いますが、ビアンコロールは副作用も安全性もちゃんと確認できる製品だと思います。

 

原材料名や注意事項など、もっと詳しく知りたい方はぜひ、公式サイトをご覧くださいね。

 

>>ビアンコロールの公式サイトはこちら